水で飲む低用量ピルとカロリーについて

月経のトラブルは、女性にとって辛いものです。
最近、月経のトラブルを治療する低用量ピルが、大きな注目を集めています。
低用量ピルは、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンを配合している女性ホルモン薬です。
低用量ピルは、エストロゲンの量が35μg以下となっています。
月経は、痛みを起こす物質であるプロスタグランジンが、子宮内膜で働くために起こると言われています。
痛みを止める鎮痛薬は、痛みを起こす物質を作る酵素の働きを抑えて痛みを止めますが、薬が切れると、また痛みが出てきます。
しかし、低用量ピルは、酵素の量を減らす作用があるので、持続して痛みを抑えることができるのです。
長年月経痛がある女性の中には、それが当たり前になってしまっている人がいますが、薬が必要なほど痛みが続くようであれば、早めに医師の診断を受けた方がいいです。
診察した結果、子宮内膜症であったというケースも少なくないのです。
低用量ピルを継続して使うと、避妊効果も期待できます。
毎日、同じ時間に1錠ずつ服用することで、100%に近い避妊効果が得られます。
また、PMSと呼ばれる月経前症候群の中でも、精神症状が強いと言われるPMDDに対する効果も期待できます。
低用量ピルには、子宮体がんや卵巣がんなど、女性ホルモンが関係している病気のリスクを減らす効果も期待されています。
低用量ピルを使い始めると、初期に不正出血が起こることがありますが、たいていの場合、時間がたつと治まってきます。
ダイエットをしている人の中には、ピルのカロリーを気にする人もいますが、ピルのカロリーは僅かなので、カロリーの心配はほとんどありません。
低用量ピルを使用する場合、水で飲む人が多いです。
ジュースで飲む人もいますが、ジュースの種類によっては副作用が出る場合もあります。
水が手に入るのであれば、水で飲んだ方がいいです。