低用量ピルは錠剤で飲みやすくニキビや肌荒れを解消

フェイスラインに出来るニキビに悩んでいませんか。これは、大人ニキビと呼ばれているニキビで、原因の1つとしてホルモンバランスの乱れが挙げられます。ホルモンバランスの乱れが原因で出来るにきびや肌荒れを改善するには低用量ピルが効果的です。ピルと言えば避妊薬のイメージがありますが、近年では低用量ピルを美容効果を目的として使う女性が増えています。錠剤の低用量ピルを1日1錠を飲むだけで美容効果を実感することができます。低用量ピルを飲むと太る、がんを発病しやすくなるといった間違った情報に振り回されないように詳しく説明していきます。まず、低用量ピルの中には、体内に存在する2種類の女性ホルモンと酷似した成分が配合されています。2種類の女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンと呼ばれていて排卵を促したり、子宮内膜の成長に関係しています。大人ニキビや肌荒れは男性ホルモンの分泌量が増えたことが影響しています。体の外から女性ホルモンを取り入れることで症状が改善するのです。また、年齢を重ねると卵巣の機能が低下するので女性ホルモンが減少します。低用量ピルで補うことで肌荒れ等の美容に効果的です。低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプがあります。21錠タイプは錠剤を毎日1錠ずつ服用して7日間服用を休みます。28錠タイプは21錠の低用量ピルに7日分の偽薬が付いているもので飲み忘れがないので便利です。小さな錠剤なので飲みやすく、外出先や旅行の際にも邪魔になりません。生理が始まる日に合わせて服用を始めていきます。錠剤を服用する時間にアラームがなるようにセットしたり、目につきやすい場所に置いておくなど自分で予め決めておくと飲み忘れを防ぐことができます。